インドアビュー・サンプル

こちらのページでご覧いただくのは、一つはある民家(現在は空き家)を試験的に撮影したものと、もう一つは弊社の地元にある「丹後ちりめん歴史館」様を撮影し、見本としても公開することをご了解いただいているものです。いずれも撮影は、2017年3月です。

※操作方法

いずれの場合も、再生をするとデータの読み込みが終わると、最初に設定したスタートの写真が表示されます。これは360度の写真ですから、マウス(タブレットやスマホでは指で)ドラッグすると好きな方向を見ることが出来ます。天頂(真上)と真下とは見えなくなっています(撮影時の三脚などが写っているため隠してあるのです)。行きたい方向にクリックすると、そちらの一番近い撮影個所の360度画像に移動できます。

画面の中で床に白い○がありますが、そこが写真を撮影した所です。

画面の左下に立方体のようなアイコンがあります。それをクリックすると撮影した全景の3DCGが表示されます。全体をグリグリと回したり移動したりでき、その中で移動したい場所をクリックするとその360度写真に移動をします。

画面左下の▲の再生アイコンを押すと、前もって移動展示コースが設定してある場合は自動的に画面が動画のように移動していきます。 画面右下のVRゴーグルマークをクリックするとVR対応のアプリを入れる様促す画面に変わります。

【1】ある民家のインドアビューサンプル

ある民家の例
スタートすると、玄関を入った所からスタートします。この建物は二階建てですので、二階にも上がる事ができます。このインドアビューでは、階段などを使って何階でも移動をしていくことが出来ます。 また、中には、説明文を入れるサンプルが入っています。詳しい説明では無いですが、こういう感じで文字での説明を書き加える事が出来ますという例です。

民家のインドアビューのサンプルの入り口

【2】「丹後ちりめん歴史館」のインドアビューサンプル


スタートすると、建物に入った所にある着物の展示個所からスタートします。かなりの広さの施設ですが、立ち入れない個所を除いて、あちこち自由に移動することができます。大きく移動したい時は、前の説明に書いていましたように、画面左下の立方体アイコンをクリックしてみてください。たまたま同時期に、グーグルのインドアビューの撮影が行われたようで、図らずも同じ対象ということで、機能や画質、操作感などを比較することができます。

弊社制作のインドアビューサンプルの入り口
グーグルのインドアビュー入り口(ご参考に)
丹後ちりめん歴史館様のサイト:弊社のインドアビューが設置されています。